アダットリガー

30代男性の凡人から奇才への成長奮闘記!健康・運動・ダイエット・家族・成長をテーマに快適な情報目指して発信中!

理学療法士が『成る程』と言ってもらう取り組み3選

理学療法士が『成る程』と言ってもらう取り組み3選

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

      ↑↑

 ※モチベーション継続と成長の証としてバナー作成しました\(^o^)/

 応援して頂ける方、上下のバナーをポチッとお願いします( ^^) _旦~~

   ↓↓

 

 

 

 

f:id:fujimonk:20220106191850j:image

『皆さん、おはようございます!今日も一つずつコツコツ積み上げていきます!』

この記事は…

私が更なる幸せを掴むために、30代から奮闘した日々の出来事を報告します!

 

『本日のトピックスは…患者さんに成る程と言ってもらうのは、当たり前ですけど、難しい…そんな永遠の課題に対し今できることは!?是非、最後までご覧ください ^^) _旦~

  • リハビリで良くならないと悩んでいる患者さん!
  • リハビリを提供しているが、思うようにいかない方!
  • 理学療法士の若手として信頼関係に悩んでいる方!

そんな方へ!

 

 

異端理学療法士の目標

 前回、理学療法士とした臨床家としての目標を掲げる記事を出しました! 

その記事はこちら!

monkichiikimasu.shop

 

『成る程』と言ってもらうために必要なことを少し具体的にまとめてみました!

 

理学療法士の限界

 私達、理学療法士はリハビリを提供できる時間は、長くて1日に1時間程度でしょう。もちろん、外来・入院患者さんや複数回することで時間は増減しますが…

 

 私たちと関わった時だけ、頑張っても…良くなりません!もちろん、その場は良くなります!ですが、マッサージ屋さんでも、その時は気持ちよくても、少し時間がたつと戻ってしまう経験はありませんか?

 

24時間のうち、1時間リハビリで頑張っても、後の23時間何もしなければ…残念ながら体は変化しません( ;∀;)

 

 結局は、自分の身体を良くするためには…ご自身の努力が必要です!

 

理学療法士はペースメーカー

私達、理学療法士はマラソンでいうペースメーカーです!病状に合わせて、無茶してたら止めますし、止まっていれば頑張ってもらいます|д゚)

 

そんなペースメーカーも24時間付きっ切りというわけにはいきません…

 

そこで何が必要になるか!?

それが、患者さん自身の努力です!

 

患者さんも人なので、モチベーションが違います…

『マッサージしてほしい』、『しんどいのはイヤ』、『早く治して』

 

私たちも、努力しますがスグに治るのではなく、どれだけ体の治癒を損なわずに促進できるか!になります( `ー´)ノ

 

そこで必要になるのが…

『成る程』という患者さんの納得!や実感!これがないと患者さんは動いてくれません(/ω\)

 

『成る程』と言ってもらう取り組み3選!

技術

これは当たり前ですが、医学的な知識や技術が必要になります!患者さんに現状を理解してもらい、変化を実感してもらうためには必須条件ですね!(^^)!

 

コミュニケーション

ここからが難しい…

コミュニケーションと一言で言ってもたくさんあります!

 

傾聴

どれだけ患者さんの訴えを聞けるか!そこから問題解決に繋がるヒントがないか!

 

説明

患者さんの状態を評価した結果!患者さんが現在どんな状態で、何が悪く何を改善する必要があるのか説明します!そこで、医学用語ではなく一般的な用語にかみ砕いて説明する必要がありますね(*^-^*)

 

例えば、じっとしてたら痛くないけど、動かしたら痛くなるのはなんで!?と言われた時に…

『動かすと組織がこすれて痛いんですよ』っと説明するか…

『指の切り傷の後、かさぶたができますよね?かさぶたができたら痛くないですが、かさぶたがめくれそうになると痛くなりますよね?今はかさぶたがめくれかけている状態です』っと説明した方がイメージしやすくないですか!?

 

 このように、どうしたら患者さんがイメージしやすいかを考え、年代や性別に合わせて説明する必要がありますね!(^^)!

 

真摯に向き合う

患者さんが調子のいいときも、悪いときも患者さんに向き合い続ける!今、体の状態が良くならないなら、良くなるまで環境を整えたりできないか?

 

例えば、夜痛くて寝れない!という方に対し…炎症が強く、痛みが強くなる時期はあります!

 

しかし…

寝る環境を整えれば痛みは少しマシにならないか?

日中の生活の仕方で痛みをマシにできないか?

薬は効いているか?

注射などを先生と話し合う方がいいか?

 

などなど、自分が直接できなくても、その時にできること!を真摯に向き合い続けると患者さんに伝わるもんですね!(^^)!

 

 

締めの言葉

『トピックスはいかがでしたか?』

 患者さんと近い距離にいる私達だからこそ!

 

『成る程』!を、いかに感じてもらい患者さんに病状と向き合ってもらうか!それが、私達理学療法士にできる一番のことですかね!?

 

 もし、オススメして頂ける『成る程』と言ってもらえる取り組みがありましたら…

是非!コメント欄やブクマコメントで教えてもらい、皆で共有しましょう!(^^)!

 

 紹介記事やURLなどあれば、共有させてください!

 

『さぁ、今日も一歩前へ!最後までご覧頂き、ありがとうございました!』

 

私の日々の配信はこちら!

https://instabio.cc/3031511iKJpxs