アダットリガー

理学療法士とアスレティックトレーナー有資格者が健康・運動・ダイエット・生活をテーマに適度な情報を提供。あなたの質問や疑問を私にぶつけてください!

ダイエットの豆知識 ~アナボリックとカタボリック~

 ダイエットの豆知識 第4弾

 

  今回のテーマは…

 

f:id:fujimonk:20210417164359p:plain

 

 

 

またまた横文字シリーズ…しかも今回は2種類(;´∀`)

 

 

今回もマニアックなダイエット知識を紹介します!

 

 

そんな、アナボリックとカタボリックをできるだけ簡潔にまとめてみました!

 

 

 

 

 

 

アナボリックとカタボリックとは?

 

カタボリック=エネルギーが足りず筋肉をエネルギーに変えている状態のこと

 

アナボリック=タンパク質を摂取するなどエネルギーがあり筋肉を成長させている状態のこと。

 

 

 

んー…イメージできませんね(;´∀`)

 

 

少し補足します!

 

 

f:id:fujimonk:20210417165033p:plain

 

 運動した後のエネルギー量を水とします。

 

カタボリックとは?

 運動したらエネルギーは減ります。

本来、体にはエネルギーが蓄えられています。食事制限でエネルギーが体にない状態で筋力トレーニングをします。すると筋肉は体にないエネルギーを求めて筋肉内のエネルギーを使います。

筋肉をつけたくて運動しているのに、筋肉からエネルギーを使うことになる=共食い状態となり筋肉が痩せる。

このような状態をカタボリックといいます!

 

 アナボリックとは?

カタボリックとは逆で、筋肉のエネルギーとして身体から供給され、筋肉が効率よく大きくなること。

 

 

 カタボリックが起こりやすいのは?

 空腹時の運動!

 

エネルギーとなるコップの水が体にない状態=空腹時に過激な運動をするとカタボリックを生じやすい。

 

 

 カタボリック予防対策3選!

 

 ①長時間の空腹と長時間(1時間以上)の運動は避ける

  ⇒コップの水が減りすぎないように注意!

 

 ②たんぱく質をしっかり摂る

  ⇒コップの水を常に足していく!

 

 ③運動前後のたんぱく質補給⇒特に運動後30分以内の摂取

  ⇒コップの水になりやすいように!

 

まとめ

 今回は、カタボリックとアナボリックについてまとめました。食事制限と過度な運動は相性が悪いということが分かりましたね。

 

ではどうすればいいか?

 

しっかりとエネルギーを適切なタイミングで補充し、満腹の状態でピンポイント(上半身・体・下半身)な運動を意識して取り組みましょう!( `ー´)ノ

 

 

 

ダイエット関連記事はこちら

monkichiikimasu.shop

 

 

 

 

 

 

 

 

私の日々の配信はこちらのコンテンツを参照してください!

https://instabio.cc/3031511iKJpxs