アダットリガー

理学療法士とアスレティックトレーナー有資格者が健康・運動・ダイエット・生活をテーマに適度な情報を提供。あなたの質問や疑問を私にぶつけてください!

ダイエットの豆知識 ~アトキンスダイエット~

 

 

 ダイエットの豆知識 第3弾

 

  今回のテーマは…

 

f:id:fujimonk:20210419060912p:plain







 

 

アトキンス?

 

また横文字?

 

覚えにくいですね…(;´∀`)

 

 アトキンスダイエットを最初から知っていたそこのあなた!

なかなかマニアックですね|д゚)

 

 ダイエットの種類としては、低糖質ダイエットに分類されます。

 

 今回はアトキンスダイエットについて端的にまとめました!

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもアトキンスダイエットとは?

 

 

 

f:id:fujimonk:20210417152825p:plain

 

 

 

 

 低糖質ダイエットの一種で、1970年代にDr.アトキンスによって考案されたダイエット方法。

 

 

 方法:糖質は制限し、たんぱく質や脂肪を自由に組み合わせて食べる。

 

 狙い:糖質制限をすることで、脂肪をエネルギーとして使いやすくする。

筋肉を極力落とすことなく体重を減らす。

 

 

 糖質制限ダイエットには『低糖質ダイエット』や『アトキンスダイエット』、『ケトジェニックダイエット』など様々な方法が提唱されている。

 

 

 一般的に糖質制限ダイエットは単純に糖質制限を実施することが多い。

 

 

 

 

 

 アトキンスダイエットの大きな3ステップ

 

 

 

f:id:fujimonk:20210417153739p:plain

 

 

 

 ①誘導段階:糖質制限を14日間実施し、糖質を使う身体から脂肪を使いやすい体にチェンジしていく。慣らし段階!

  ※糖質20g/日⇒基本的に糖質を食べない意識でないとダメなレベル!

 

 

 ②減量段階:1週間おきに糖質を5g/日追加して最低1週間継続。

体重減少目安は2~4㎏。

 

 

 ③体重維持段階:1週間おきに糖質を10g/日追加する。体重減少量が1週間で0.5㎏になるまで調整。これを1~2か月継続。その後10g/日追加する。

 

 

 これで、体重が維持すれば、体重が維持できる最低の炭水化物摂取量の目安とする。

 

 

 もし、体重が減れば10g/日を追加してまた1~2か月様子をみる。

 

このサイクルを繰り返し体重が減らない糖質量を見極める。

 

 このサイクルを生涯繰り返すと体重を維持・管理できるという仕組み!(;´∀`)

 

 

 アトキンスダイエットのメリットとデメリット

 

 メリット:論文の70%で2か月(短期間)の体重減少効果を認める

 

 デメリット:リバウンドの可能性が高い。体重減少は徐々に鈍くなる。基礎代謝量が落ちる。体への負担が大きいため糖尿病や循環器障害、がんなどの病気にかかりやすい。

 

 

 

 

 

 まとめ

今回はアトキンスダイエットをまとめました。

 

低糖質ダイエットで短期間での体重減少は70%で認められます。

 

しかし、生涯継続しないとリバウンドの可能性が高く、病気にかかりやすくなります。

まとめると…食事制限でのリスクと限界を知ったうえで取り組みましょう!

 

 

 

ダイエット関連記事はこちら

monkichiikimasu.shop

 

 

 

 

 

 

 

 

私の日々の配信はこちらのコンテンツを参照してください!

https://instabio.cc/3031511iKJpxs